人狼ゲームで騎士になったら!役割と立ち回り方を解説!

アイキャッチ画像

人狼ゲームにおいて、最も重要な役職は占い師であるとお考えの方は、非常に多いのではないでしょうか?

確かに、占い師の動きによって、ゲームの勝敗が変わると言っても過言ではありません。

しかし、占い師と変わらないほど重要な役職もあります。

それが、騎士の役職です。

騎士の役職はもちろんご存知ですよね?

騎士の動きによっても勝敗は大きく変わりますが、いまいちコツが分からない方も多いはずです。

ということで、今回は人狼ゲームの騎士における基本的な役割と、立ち回り方、コツをご紹介します。







 

騎士の役割

騎士
騎士の概要
陣営 市民チーム
占い結果の出方 市民
霊媒結果の出方 市民
おすすめ人数 1人

騎士(きし)とは、別名ボディーガードや狩人(かりうど)と呼ばれることもある役職です。

その役割としては、夜に行われる人狼の襲撃から、誰か1人を守ることができます。

夜になれば、人狼チームは襲撃先を選びますが、騎士も同様に守りたい相手を選択することになります。

 

イメージをつけて頂くために、人狼が市民チームを襲撃した場合を考えてみましょう。

襲撃される市民が騎士に守られていない場合、襲撃は成功し、市民は死亡します。

襲撃成功

 

しかし、襲撃される市民が騎士に守られていた場合、市民は死亡することなく、その日の襲撃は失敗となります。

騎士に守られ襲撃失敗

 

1つ注意点としまして、騎士は自分自身を人狼の襲撃から守ることはできません。

市民であっても人狼であっても、自分以外のプレイヤーを守ることとなります。

 

騎士の基本的な立ち回り方

騎士の基本的な立ち回り方

もし自分が騎士の役職になった場合、どのように立ち回れば良いのでしょうか?

騎士は人狼が襲撃する相手を如何に察知し、市民チームの減少を阻止できるかが重要となります。

 

「人狼が襲撃する相手なんで、どうやって察知すれば良いの?」

このように考える方も多いのではないでしょうか?

確かに、襲撃する相手を完璧に察知するのは難しいですが、ポイントはあります。

それは、下記2点です。

襲撃相手を察知するポイント

  • カミングアウトした役職者を守る
  • 人狼が襲撃しそうな人を守る

それぞれの詳細を見ていきましょう!

 

役職者を守る

騎士は市民チームが襲撃されるのを防ぐ役割を持ちますが、単純に市民っぽい人を守っているだけでは不十分です。

ポイントとなるのは、如何に市民チームの役職者が誰なのか見抜き、守ることです。

 

例えば、下記のように占い師がカミングアウトした時を考えてみましょう。

占い師がカミングアウト

占い師は投票で吊るされたくない時や、占いで人狼を当てた時などに、自身の役職をカミングアウトすることが多いです。

そのような時、人狼はどのような行動を取るでしょうか?

当然、人狼は占い師を襲撃しようと考えます。

よって、占い師がカミングアウトした時は、その人を守るのが基本です。

 

しかし、場合によっては、人狼がカミングアウトした占い師を襲撃しないこともあります。

例えば、下記のようなゲーム開始時のシチュエーションで考えてみましょう。

ゲーム開始時

ゲーム開始の初日に占い師がカミングアウトした場合、当然ながら騎士は残っているので、人狼は占い師を襲撃しても、失敗する可能性が高いです。

よって、占い師とカミングアウトした人以外を襲撃することが多いです。

 

一方、占い師が初日以降にカミングアウトした場合は、どうでしょうか?

騎士は吊られることも襲撃されることもあるので、初日以降は残っていない可能性があります。

騎士が残っていないシチュエーション

つまり初日以降は、人狼はカミングアウトした占い師を襲撃しようとします。

 

このように、人狼は経過した日数により、カミングアウトした占い師を襲撃するかしないか、動きを変更する場合があります。

しかし、騎士の動きとしては経過日数に関わらず、カミングアウトした占い師、またはカミングアウトした霊媒師などの役職者を守るのが基本となります。

 

人狼が襲撃しそうな人を守る

市民チームの役職者がカミングアウトした場合、騎士はその人を守るのが基本ということをご説明しました。

しかし、役職者がカミングアウトしなかった場合、騎士は誰を守れば良いのでしょうか?

その答えは、「人狼が襲撃しそうな人」を守ることが重要です。

簡単に言っていますが、「人狼が襲撃しそうな人」はどのように見つければ良いのでしょうか?

 

そのような時に考えるべきことは、人狼ゲームのセオリーです。

先述の通り、役職者がカミングアウトすれば、人狼はその人を襲撃する可能性が高くなります。

しかし、役職者の確証が得られなければ、人狼はとにかく市民チームを減らそうと襲撃します。

その襲撃対象というのは、目立った動きをしていない人です。

目立った動きをしていない人は、騎士に守られている可能性が低いので、市民チームの人数を減らせられると人狼は考えます。

そこを逆手に取り、あえて目立っていない人を騎士で守るというのも1つです。

 

ちなみに、騎士が素晴らしい働きをした時は、GJ(グッジョブ)と評されることがあります。

人狼ゲームの用語の1つでもありますので、覚えておきましょう。

 

騎士になったときのコツ

騎士のコツ

騎士の基本的な立ち回り方をご説明しましたが、他にも考慮すべきポイントはあります。

次に、ゲームに勝利するためのコツをご紹介します。

 

護衛に成功した人が市民とは限らない?

「朝に死体がなかったから、自分が守った人は市民で信頼できる!」

もし、狐(妖狐)の役職をゲーム中で使用している場合、自分が守った人を市民だと考えるのは時期尚早です。

 

狐(きつね)とは、市民チームにも人狼チームにも属さない第3陣営の役職であり、最後まで生き残ったら狐だけが勝利するという特殊な役職です。

狐がいるゲームのチーム構成

また、狐は人狼に襲撃されても死亡しないという特徴があります。

狐の詳細については、下記記事でご説明しておりますので、あわせてご覧ください。

 

人狼が人狼を襲撃することは基本ないので、狐がいないゲームであれば、騎士の護衛が成功した相手は市民ということになります。

一方、狐がいるゲームにおいて、人狼の襲撃が失敗するパターンとしては下記2つが挙げられます。

襲撃失敗のパターン

  • 騎士に守られている人を襲撃する
  • 狐を襲撃する

朝に死体がなくても、襲撃された人は自分が守っていた人ではなく、狐である可能性があります。

よって、自分が守った人は市民と断定できないので、注意するようにしましょう。

 

吊るされそうな時はどうすればいいの?

人狼ゲームをプレイする上で、自分は騎士という重要な役職にも関わらず、人狼だと疑われてしまうことは良くありますよね?

もし、疑われて吊るされそうになった場合、どのように立ち回れば良いのでしょうか?

その答えは、「騎士であるとカミングアウトせず、残しておいた方が得策である」というのを伝えることです。

「残しておいた方が得策」と発言

 

「残しておいた方が得策」と伝えると、何かしらの役職に就いていることを匂わすので、人狼に襲撃される可能性はあります。

しかし、「自分は騎士だから残すべき」とカミングアウトすると、人狼に襲撃される可能性は高まります。

さらに襲撃された場合、騎士がいなくなったという情報も人狼に与えてしまうので、人狼は誰でも襲撃し放題となってしまいます。

騎士は重要な役職ではありますが、1番守るべきは占い師なので、吊るされそうな時にカミングアウトするのはやめておきましょう。

 

騎士になった場合の発言量は?

人狼ゲームは自分の役職によって、発言量をコントロールすることが非常に重要です。

例えば、自分が人狼になった場合、誰かを擁護するような発言をしていると、人狼だと疑われ、吊るされる可能性は高くなります。

 

それでは、騎士の場合はどうでしょうか?

騎士の発言量は、「襲撃・吊るされないように程よく発言する」がポイントとなります。

人狼ゲームでは発言量が少ないと、安全策を取る傾向があるので、襲撃・吊るされる可能性が高くなります。

よって、1番発言していない、または目立っていない人を見つけ、その人より程よく発言したり、考察を述べることが重要なポイントです。

 

占い師の騙りに要注意

占い師は非常に重要な役職ですが、重要が故に、人狼や狂人などがゲームを優位に進めるために騙る役職でもあります。

もし、占い師をカミングアウトする人が2人出た場合、騎士はどのように立ち回れば良いのでしょうか?

占い師が2人カミングアウト

 

その場合でも立ち回り方は基本的に変わらず、占い師を守るべきです。

しかし、当然1人しか守れませんので、どちらが本物の占い師なのか、見極める必要があります。

見極めるには、その時々の会話内容や態度から察するしかありません。

 

例えば、オンラインアプリなどを使用せず、対人の人狼ゲームの場合を考えてみましょう。

人狼と狂人は占い師を騙ることがセオリーであると分かっていても、占い師の騙りは非常に難しいので、簡単に行動を起こせるものではありません。

しかし、カミングアウトした人の人間性から、「この人は騙らなさそう」という人はいますよね?

会話内容や態度だけでなく、人間性から偽物の占い師を見つけ出すのも良いでしょう。

 

カミングアウトのタイミングは?

人狼ゲームで一種の肝となるのが、自分の役職をカミングアウトするタイミングです。

例えば、自分が占い師になった場合、占いで人狼を見つけた時はカミングアウトし、占い結果を発言するのが良いです。

 

それでは肝心の騎士ですが、騎士は基本的に役職をカミングアウトしてはいけません。

なぜなら、騎士は自分を守ることができず、また人狼も真っ先に襲撃したい役職なので、高確率で襲撃されてしまうからです。

よって、人狼に正体が気付かれず、隠し通すことが重要となります。







 

人狼ゲームの騎士まとめ

人狼ゲームの重要な役職である騎士の基本的な役割や立ち回り方、コツをご説明しました。

ご説明した立ち回り方やコツをまとめると、下記のようになります。

騎士の立ち回り方・コツ

  • 人狼が襲撃しそうな人を察知する
  • 占い師は最優先で守る
  • 襲撃・吊るされないように、程よく発言する
  • 騎士のカミングアウトは基本的にしない
  • 人狼に騎士であることを気付かれないようにする

騎士の役職で1番重要なことは、本物の占い師を守ることです。

占い師は市民チームにとって、勝利する上では欠かせない役職です。

よって、その占い師を唯一守ることができる騎士は、占い師と同様に重要な役職となっています。

はらちゃん
騎士が活躍すると、市民チームの勝利はグッと近付きます。

騎士の役割を十分に理解した上で、人狼ゲームを楽しみましょう!

最後までお読み頂き、ありがとうございました。









コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です