アドセンス広告を誤クリックしてしまった!実体験から対処法をご紹介!

アイキャッチ画像

自身の運営するホームページを収益化する上で、Googleアドセンスを利用している方は非常に多いと思います。

そんなGoogleアドセンスですが、自分で広告をクリックするのは厳禁とされています。

皆さん既にご存知ですよね?

自分で広告をクリックした場合、Googleアドセンスのアカウントが停止するという話もよく聞きます。

しかし、何かの拍子に自分で広告を誤クリックしてしまったことはないでしょうか?

今回は、自分でアドセンス広告を誤クリックしてしまったときの私の実体験も踏まえて、対処法をご紹介します。






 

アドセンス広告を誤ってクリックしても問題ない!

誤クリック

Googleアドセンスの広告を誤ってクリックしてしまった方。

結論から言うと、誤って広告をクリックしてしまっても問題ありません!!

これは、Googleアドセンスの規約にも、下記の通り明記されています。

間違って自分の広告をクリックした場合に必要な対処

サイト運営者様が故意に自分の広告をクリックすることは認められませんが、誤ってクリックする場合も十分に考えられます。このような場合に Google まで特別にご連絡いただく必要はありません。有効と見なされたクリック数および表示回数に対する収益はこれまでどおりお客様のアカウントに集計されますので、ご安心ください。Adsense ヘルプ

規約からもお分かりの通り、Googleへ誤ってクリックしてしまった旨の連絡も不要です。

この連絡が必要になってしまった場合、Googleには1日何通ものメールが届いてしまうので、当然と言えば当然です。

よって、誤ってクリックしてしまっても、放置しとけばOKです!

規約にも書かれているので、これで一安心ですね。

 

本当に不正クリックと見なされない?

不正クリック

利用規約から、自分で広告を誤クリックしても問題ないということはわかりました。

しかし、このように記載されていても実際は不正クリックとして判断されてないか、不安になりますよね。

実際に私もそうでした。

そこで、誤ってクリックしてしまった私の実体験をご紹介します。

 

寝ぼけて自身のサイトのアドセンス広告をクリック

寝ぼける

ホームページを運営している方で、夜遅くまで記事作成に打ち込んでいる方も少なくはないでしょう。

私の場合、本業の仕事を終え、帰宅してから記事作成を行っています。

寝ぼけながらで、自分が何を書いているのかわからないことも多々あります・・・。

 

そんな中、自分のホームページをチェックしている時に誤って広告をクリックしてしまいました。

それに気付いた時、一気に目が覚めましたね(笑)

すぐに広告を閉じましたが、確実にアクセスの記録は残るほど広告を開いてしまいました。

 

Googleアドセンスの収益やクリック数にも反映

収益

広告をクリックしてしまったので、まずGoogleアドセンスのアカウントが停止していないか、アドセンスのレポートサイトを開きました。

アカウントは停止していませんでしたが、収益とクリック数が直前にチェックしていた数値より確実に増えていました。

つまり、誤ってクリックした分のデータが反映されていました。

これを見て、後々アカウントが停止されないか更に不安になりましたが、一旦そのまま置いておきました。

 

アドセンスのレポートが誤クリック以前のデータに!

データ

広告を誤クリックした翌日、再びアカウントをチェックしてみるとアカウントは停止しておらず、収益とクリック数が誤クリックの前のデータに戻っていました。

誤クリックした場合も、一旦は通常のクリックとして反映され、誤クリックと判断された場合はクリック前のデータに戻るようです。

実際の収益とクリック数は規約上お見せすることができませんが、誤クリック後と比べると、収益が−数十円、クリック数も−1となっていました。

なので、誤クリックのデータが反映されていても、後日誤クリック前のデータに戻るので、ご安心ください!






 

Googleアドセンス広告の誤クリックまとめ

Googleアドセンス広告を自分で誤ってクリックしてしまった時の対処法について、ご紹介しました。

結果としましては、特に何もしなくても問題ありません!

Googleへメールを送るなども不要です。

不安は残ると思いますが、Googleアドセンスの規約にも記載されているので、まず間違いなく誤クリックと判断するされるでしょう!

なので、一旦は様子を見るようにしましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です