超豪華27特典付き!キーワードスカウターSTのレビュー!

アイキャッチ画像
とある勇者
執筆した記事が検索上位に表示されない。何が原因なんだろう・・・。
はらちゃん
原因はいくつか考えられますが、1つの要因として「キーワード選定」があります。
とある勇者
それはホームページを運営している人であれば誰もが持つ悩みだけど、キーワードの選定と一口に言っても簡単にできないから、アフィリエイターの永遠の課題なんだよね。
はらちゃん
そんな悩みを持つ方のために、キーワード選定を補助するツールというのが、世に出回っています!
とある勇者
胡散臭いツールを紹介してくるんじゃないよね?笑
はらちゃん
私もそうですが、他の方も利用している実績のあるツールなので、使えないツールということはありません。
とある勇者
実績があるなら期待できるね!

 

今回は、このキーワード選定を効率良く行えるツール、キーワードスカウターSTのご紹介をします。

また、当サイトからご購入頂いた方のみにお渡ししている豪華な特典もご用意しておりますので、最後まで是非ご覧になってくださいね。

 

 

キーワードスカウターSTとは?

キーワードスカウターST

 

キーワードスカウターSTの作成者は誰なの?

とある勇者
キーワードスカウターSTはどんな人が作成したツールなの?
はらちゃん
そこは重要ですね!全くよく分からない人が作成したツールなら、あまり信憑性がないもんね。

まずはそこから紹介しましょう!

 

キーワードスカウターSTとは、株式会社Catch the webが提供している、アフィリエイター専用ツールです。

株式会社Catch the webは、日本で一番有料会員数の多いアフィリエイトスクールである「AMC」を運営している会社です。

数多くのアフィリエイターを輩出してきたノウハウを活かし、このキーワードスカウターSTが作成されたことでしょう。

というより、アフィリエイトスクールがあること自体が驚きですね!

私もぜひ入ってみたいところです・・・。

 

とある勇者
これほどの会社が作成したツールであれば信頼できるね!
はらちゃん
私も安心して購入することができましたね。

 

キーワードスカウターSTの概要は?

とある勇者
キーワードスカウターSTは簡単に言うと、どういうことができるツールなの?
はらちゃん
キーワードスカウターSTはコンテンツのキーワード選定を補助してくれるツールになります。

具体的には、競合性が低く、なおかつ人気のキーワードを簡単に見つけることができるツールとなっています!

とある勇者
なるほど。そんなことが簡単にできたら、まさに夢のツールだね・・・。(半信半疑)

 

良い風に言いすぎかもしれませんが、実際に私はキーワードスカウターSTを使用し、お宝キーワードを見つけています。

しかし、もちろん完璧なツールとは言えないので、いくつか欠点はあります。

それらを本記事で、洗いざらい書いていきたいと思います。

 

ちなみに、公式サイトが出しているキーワードスカウターSTの概要動画もありますので、ご覧になってみてください。

 

キーワードスカウターSTの価格は?

とある勇者
優れたツールというのは良く伝わってきたけど、問題の値段はいくらなの?

レンタルサーバー代やドメイン代、テーマ代、人によっては外注費もかかっていると思うし、安いに越したことはないんだけど・・・。

はらちゃん
そうですね。それでは肝心のところをご紹介しましょう!

 

みなさん気になる、キーワードスカウターSTの価格ですが・・・

キーワードスカウターSTの価格は4,980円(税込5,378円)の買い切りとなっています!

ポイントは買い切りというところです!

つまり、1度購入してしまえば追加費用は一切発生せず、また月額料金も発生しません!!

 

とある勇者
これは安いの?
はらちゃん
見方によっては、高いと感じる人も多いと思います。
とある勇者
そうだよね、安い!とは思わなかったもんね。

ゲームソフト1つ買えるくらいの値段だし・・・。笑

はらちゃん
しかし、これはツールの中では安いほうなんです!
とある勇者
これで安いほうなの!?

やっぱり人生そんなに甘くはないね・・・

はらちゃん
他のツールを知らない方はそう思ってしまうかもしれませんが、他のツールの値段を知ってしまうと、キーワードスカウターSTは安い!と感じてもらえると思います。

 

他のキーワード選定ツールはクラウド上で動いているものも多く、それ故に月額料金がかかるものも多いです。

例えば、有料のキーワード選定ツールで有名どころを言うと、下記のものが挙げられます。

ツール 料金
キーワードファインダー スタンダードプラン 50,000円/月
キーワードウォッチャー ライトプラン 2,000円/月
ゴールドプラン 20,000円/月

どちらもなかなかのものです・・・。

個人では容易に手を出せない価格になっていますよね。

これを利用している個人の方は、よっぽど成功している方ですね。笑

 

しかし、キーワードスカウターSTは買い切りで、価格も他のツールに比べると非常に安価なのがわかります。

月額料金もかからず、極端に言うと、一度支払えば一生使えるツールになっています。

 

 

他の無料ツール・有料ツールは使えなかった話

とある勇者
今回はキーワードスカウターSTを紹介してくれてるけど、他のツールの実用性はどうなのかな?
はらちゃん
もちろん他のツールとも比較してから、購入を検討したいですよね。

私も実際に色々なツールを使用し、最終的にキーワードスカウターSTを購入するに至りました。

 

世の中にはアフィリエイターの悩みを解消すべく、非常に多くのキーワード選定ツールが出回っています。

その中でも大きく、無料ツール・有料ツールで分かれます。

まずは、私がキーワードスカウターSTを購入するまでに利用したツールについて、述べたいと思います。

 

無料のキーワード選定ツールは機能足らず

キーワード選定に困ってる方、まずは無料のキーワード選定ツールを使用されたのではないでしょうか?

無料のキーワード選定ツールでネット検索をかけてみると、非常に多くのツールがヒットします。

私も下記のようなツールを試してみました。

  • 関連キーワード取得ツール(仮名・β版)
  • キーワードプランナー
  • Googleトレンド

しかし、やはり無料なので自分に合わない点が多くありました。

 

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)は選定能力が必要

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)はキーワードを入力し、検索をかけるだけで、非常に多くの関連キーワードを表示できます。

関連キーワード取得ツール(仮名・β版)

手軽に使えて有用なツールとなっています。

しかし、その関連キーワードの多さが故に、選定の手間が発生してしまいます。

関連キーワードを取得するだけで、狙い目のキーワードとなる指標がないところが残念なポイントです。

 

とある勇者
アフィリエイト初心者の方には、あまり優しくないツールだね。
はらちゃん
そもそも候補の取得だけで、キーワード選定ツールではないので、仕方ないのは仕方ないんですが・・・。

 

無料版のキーワードプランナーの指標はざっくりしている

キーワード選定ツールで1番有名どころと言えば、キーワードプランナーではないでしょうか?

キーワードプランナーは、サイトを運営している多くの人が利用しているツールになります。

キーワード選定の指標となる数値も、下記の通り表示されます。

キーワードプランナー

 

無料のツールでここまで解析できて、非常に便利です。

一見役立つ指標ではありますが、私は問題もあると思っています。

それは、競合性の高いキーワードも「低」で表示されてしまう点です。

 

例えば、アイコンフォント中で一番人気のある「font awesome」というものがあります。

もちろん人気なので競合も多く、「font awesome」というキーワードでは、複合キーワードでも上位表示が難しいです。

しかし、下記画像の通りキーワードプランナーでは、競合性は「低」となっています。

競合性「低」

私も「font awesome」についていくつか記事を投稿していますが、競合性が「低」なんてとんでもないです!

むしろ絶対「中」はあります!

「高」ほどではありませんが・・・。

よって、一概に競合性「低」となっているキーワードが検索結果の上位表示を狙いやすいとは言えないでしょう。

 

とある勇者
ここは少し精度を欠いているんだね。
はらちゃん
ざっくりとした指標にはなると思いますが、こういった事例もあるので、気をつけたいところですね。

 

Googleトレンドは競合率の高いキーワードばかり

Googleトレンドから現在人気のキーワードを取得し、コンテンツを執筆するという手法も非常に人気です。

Googleトレンド

トレンドアフィリエイトと呼ばれる手法で、上手くいけば短期間でアフィリエイト収入を得ることもできます。

 

しかし、人気の手法であり、なおかつ人気のキーワードを狙うことになるので、検索結果の上位表示も簡単にはいきません。

初心者の方やドメインパワーが弱いサイトでは、なかなか手を出しづらい手法でしょう。

 

とある勇者
やっぱりトレンドアフィリエイトは難しそうだから、やめといた方がいいんだね・・・。
はらちゃん
そうとも限りません。

キーワードスカウター STを使用すれば、初心者の方でもトレンドアフィリエイトを成功させることができるんです!

とある勇者
そんなことができるの!?
はらちゃん
その方法は、また後ほどご説明します。

 

 

他の有料ツールは優秀だが価格が高い

無料ツールが自分に合わなければ、有料ツールです。

有料ツールはお試し期間を設けているものが多く、私も色々試してみました。

その1つがキーワードファインダーというツールです。

キーワードファインダー

 

月間検索数やSEO難易度など、非常に多くの分析結果を参照することができ、有料ツールとしてはさすがと呼べるものがあります。

しかし、1ヶ月の利用料金が50,000円と高額になっています。

ちょっと高すぎませんかねー?笑

有料ツールは高額なものが多いので、購入する場合は本当に自分に合っているツールなのか、見極める必要があります。

 

さて、ここまで様々なツールをご紹介しましたが、私にとってはどれも合わないものばかりでした。

ここからは、キーワードスカウターSTの特徴や、実際の成功事例をご紹介していきます!

 

 

キーワードスカウターSTをセットアップする

キーワードスカウターSTはダウンロード型のツールなので、ディスクがあるわけではありません。

購入後は専用ページからインストーラーをダウンロードすることができます。

購入後の専用ページ

つまり、購入後すぐに利用を始めることができます!!

 

ここでよく敬遠されがちなことが、ツールのセットアップです。

ツールのセットアップというのは、煩わしい操作があることも多いからです。

しかし、キーワードスカウターSTでは、そのような心配も不要です。

初心者の方でもわかりやすいように、セットアップ手順書が付いています。

セットアップ手順書

 

誰でもセットアップ出来るように手順書が整備されており、非常に安心できますね!

 

 

キーワード選定機能を使用する

セットアップが完了したら、いよいよツールを使用していきます。

キーワードスカウターSTの最大の魅力は、競合率が低く、かつ人気のキーワードを簡単に見つけることができる点です!

このようなキーワードは、ブルーオーシャンキーワードと呼ばれています。

それも、自分が入力したキーワードとその関連キーワードが見つけ出す方法と、トレンドキーワードとその関連キーワードから見つけ出す方法があります。

 

 

自分が入力したキーワードまたは関連キーワードから選定する方法

自分が入力したキーワードから選定する方法

まず、自分入力したキーワードからブルーオーシャンキーワードを見つけ出す方法をご説明します。

キーワードスカウターSTを起動すると、下記画面が立ち上がります。

キーワードスカウターSTの画面

 

画面を見て頂くと、「直接or関連」というボタンがあります。

直接or関連

 

ボタンをクリックすると、キーワード入力画面が立ち上がりますので、分析を行いたいキーワードを入力します。

キーワード入力画面

今回は例として、私が使用しているWordPressテーマに関するキーワード「STORK」「STORK 複数サイト」の2つのキーワードを分析してみます。

ちなみに、「STORK 複数サイト」というキーワードは、サジェストキーワードから取得したものになります。

サジェストキーワード

 

キーワードは複数入力が可能で、一気に解析を行うことができます。

入力完了後、「拡張なしで追加」ボタンをクリックすると、メイン画面に入力したキーワードが分析対象として追加されます。

分析キーワードの追加 分析対象キーワードの表示

 

「解析開始」ボタンをクリックすると、キーワード分析が始まり、解析結果が表示されます。

解析結果の表示

ここで見るべき分析結果は、「inTitle件数」と「allinTitle件数」です。

「inTitle件数」と「allinTitle件数」の意味から見ていきましょう。

  • inTitle件数
    コンテンツのタイトルに対象キーワードの一部が含まれているサイトの数
  • allinTitle件数
    コンテンツのタイトルに対象キーワードの全部が含まれているサイトの数

まず「inTitle件数」ですが、件数が多いほどコンテンツのタイトルでよく使用されているキーワード、つまり人気のキーワードとなります。

次に「allinTitle件数」ですが、件数が多いほどそのキーワードでコンテンツを書いている人が多い、つまり競合性の高いキーワードとなります。

見方を変えてみると、「allinTitle件数」が低いキーワードほど、コンテンツのタイトルとして利用されていない、狙い目のキーワードということになります。

 

しかし、「allinTitle件数」が低いだけでは、需要がないキーワードの場合もあります。

そこで見るべき情報が、「inTitle件数」です。

inTitle件数もある程度の数が必要です。

 

つまり、「inTitle件数」が多く「allinTile件数」が少ないキーワードが、競合性の低い、かつ人気のキーワードとなります。

なお、inTitle・allinTitleの詳細について知りたい方は、下記記事にまとめていますので、是非ご覧ください。

アイキャッチ画像

allintitle・intitleを使用してSEOに最適なキーワードを見つける方法!

2018年10月3日

 

それでは、先ほど分析を行ったキーワードを例に結果を見てみましょう。

解析結果の拡大

「STORK」というキーワードの場合、allinTitleの件数が1,220,000件となっています。

1,220,000ものコンテンツでこのキーワードがタイトルに含まれているということになります。

まず上位表示は不可能と思って良いでしょう。

 

対して「STORK 複数サイト」というキーワードの場合、allinTitleの件数が4件と、かなり少ない件数となっています。

さらにinTitle件数も1,080件と、人気のキーワードでもあります。

一般的に、inTitleの件数がallinTitleの件数の20倍以上の場合、ブルーオーシャン・キーワードであると言われています。

つまり、「STORK 複数サイト」というキーワードは、ブルーオーシャン・キーワードとなります。

 

ちなみに、このキーワードで執筆した記事が下記のものになります。

STORK(ストーク)は複数サイトで使用できるの?ライセンス規約を確認!のアイキャッチ画像

STORK(ストーク)は複数サイトで使用できるの?ライセンス規約を確認!

2018年4月28日

 

競合性も低いため、簡単に検索結果で1位を獲得することができました。

「STORK 複数サイト」の検索結果

 

日々のアクセス数は決して多くありませんが、こちらの記事から成果報酬も発生しています!!

成果報酬

この積み重ねで、多くのアフィリエイト報酬を発生させていくと良いでしょう!

 

 

自分が入力したキーワードの関連キーワードから選定する方法

前述でキーワードを入力して解析を行う方法をご紹介しましたが、キーワードが漠然としか決まっていない方も多いと思います。

そのような時は、関連キーワード取得機能が有効に活用できます。

 

私の場合、ドライブレコーダーを購入したので、ドライブレコーダーに関する記事を執筆しようと考えました。

しかし、ドライブレコーダーに関して、どのような内容のコンテンツにしようかはなかなか思い付きませんでした。

そこで、ドライブレコーダーの関連キーワードを取得し、解析を行いました。

 

まず、関連キーワードを取得したい「ドライブレコーダー」というキーワードを入力し、キーワード拡張ピックアップボタンをクリックします。

関連キーワードの取得には、Google・Yahoo!どちらの検索エンジンから取得するか選ぶことができます。

試しにGoogleの関連キーワードを取得すると、下記画面の通りとなります。

関連キーワード取得機能

 

ドライブレコーダーの複合キーワードとして、いくつかの関連キーワードを取得することができます。

しかし、取得したキーワードは下記の通り、競合性の高そうなキーワードが並んでいますよね。

  • ドライブレコーダー 人気
  • ドライブレコーダー おすすめ
  • ドライブレコーダー 価格
  • etc・・・

「ドライブレコーダー おすすめ」なんて、誰もが執筆しそうなキーワードですよね・・・。

 

このような時は、他の複合キーワード、さらにキーワードを掘り下げて取得することができます。

下記画面の通り、1階層掘り下げるとして関連キーワードを取得してみます。

階層指定

すると、「ドライブレコーダー おすすめ 前後」など、「ドライブレコーダー おすすめ」よりかは具体的なキーワードを取得しているのがわかりますね。

おすすめのドライブレコーダーを探している人の中でも、前後にドライブレコーダーを付けるタイプで探している人向けということになります。

このように階層を掘り下げる、つまり複合するキーワードを増やした形で関連キーワードを取得することができます。

 

さて、ここからは前述の方法と同様に、キーワードの解析を行っていきます。

まずは、ドライブレコーダーの関連キーワードの解析結果を見てみましょう。

ドライブレコーダーの関連キーワード解析結果

 

ここで私が目を付けたのが、「ドライブレコーダー 運転席側」というキーワードです。

ドライブレコーダー 運転席側

ドライブレコーダーを運転席側に付けてみた感想などを求めている人がターゲットになりますね。

 

まずは、ブルーオーシャン・キーワードを見つけ出す指標となるinTitle・allinTitleの件数を見てみます。

すると、inTitleの件数が43,300件、allinTitleの件数が9件と、inTitleの件数がallinTitleの件数の20倍以上になっていることがわかりますね。

よって、「ドライブレコーダー 運転席側」というキーワードは狙い目ということになります。

 

早速「ドライブレコーダー 運転席側」というキーワードでコンテンツを執筆し、投稿してみました。

投稿した記事は下記のものになります。

アイキャッチ画像

ドライブレコーダーを運転席側に設置したときの使用感はどうなのか?

2018年5月16日

なお、こちらのキーワードに関しては、コンテンツを投稿してからの順位変動を追ってみました。

その結果が下記の通りです。

順位変動結果

投稿時は15位付近に留まっていましたが、2ヶ月後には1位まで上がり、それ以降はずっと1位をキープしているのがわかります。

 

こちらのキーワードも決してアクセス数が多いわけではありませんが、1ヶ月に約1,000アクセスあります。

これを積み重ねていけば、サイト単位で1ヶ月数万PVも簡単ですね!!

 

 

トレンドキーワードまたは関連キーワードから選定する方法

さて、ここまでは自分が入力したキーワード、またはその関連キーワードからブルーオーシャン・キーワードを見つけ出す方法をご紹介しました。

ここからは、トレンドキーワードからブルーオーシャン・キーワードを見つけ出す方法をご紹介します。

 

トレンドキーワードには、まだ世の中に浸透していないキーワードが上がってくることも多いので、狙い目でもあります。

真っ先に誰も手をつけていないようなキーワードを見つければ、検索結果の高順位を期待することも出来るでしょう。

しかし、何万、何十万ものアフィリエイターがいる中で、真っ先に手を出すことはなかなか困難なことです。

 

私も似たような事案として、Yahoo!ショッピングの12時スタートのバーゲンによくスタンバイしていましたが、買えた試しがありません。泣

アクセスした時にはもう完売です。笑

やはり人気の事柄は、手を出す人も非常に多いです。

 

トレンドキーワード狙い、いわゆるトレンドアフィリエイトは成功した時の爆発的なアクセス数が非常に魅力的です。

しかし、それ故にGoogleトレンドなどに上がっているトレンドキーワードは、やはり競合性が高くなってしまいます。

 

そこで、キーワードスカウターSTの出番です!

キーワードスカウターSTでは、トレンドキーワードの関連キーワードを取得し、解析することができます。

トレンドキーワードの関連キーワードまでは、すぐに手を出している人は少ないはずです。

そこを狙った手法となります!

 

 

トレンドキーワードの選定方法

トレンドキーワードの選定方法は、まずキーワードスカウターSTの「トレンド」ボタンをクリックします。

トレンド

 

トレンドサーチ画面が立ち上がるので、「トレンドワード取得開始」ボタンをクリックします。

クリックすると、トレンドキーワードとその関連キーワードを取得できます。

トレンドサーチ画面

取得後の画面を見ると、例えば「ミッキーの家」というトレンドキーワードの関連キーワードとして、下記のものがあります。

  • ミッキーの家 11時間待ち
  • ミッキーの家 イラスト
  • ミッキーの家 ソファ
  • ミッキーの家 種類

ちなみに「ミッキーの家」というキーワードはコンテンツ投稿時、東京ディズニーランドに「ミッキーの家とミート・ミッキー」というアトラクションが新たにオープンし、非常に人気となっていました。

それにより、トレンドキーワードに上がってきました。

 

キーワードを取得したので、次にキーワードの解析を行います。

解析結果が下記の通りです。

「ミッキーの家」の解析結果 「ミッキーの家」の解析結果詳細

これらの解析結果から、下記キーワードがブルーオーシャン・キーワードであることがわかります。

  • ミッキーの家 イラスト
  • ミッキーの家 ソファ
  • ミッキーの家 種類

このように、トレンドキーワードの関連キーワードについても、簡単にブルーオーシャン・キーワードを見つけ出すことができますね!

 

 

その他キーワードスカウターSTの有用機能

CSV書き出し機能

CSV

キーワードスカウターSTを一度閉じると、もちろん再起動時に画面はクリアされています。

前回解析したキーワードを再び解析するのは、効率が良くありません。

そのような時は、CSV書き出し機能が使用できます。

CSV書き出し機能 CSV書き出し結果

 

CSVファイルはエクセルで開くことができるので、エクセルの関数やグラフなどで、更なる解析をすることも可能です。

例えば、下記ではエクセルを使用して、inTitle件数がallinTitle件数の20倍以上になっているセルを色づけしています。

エクセルを用いた解析

より見やすく解析結果を参照することができますね。

 

充実したサポート

サポート

キーワードスカウターSTを購入後、操作方法に不安のある方、問題ございません!

マニュアルも完備されていますが、サポートも行われています。

私も質問を一度サポート宛にメールで送りましたが、わかりやすく、なおかつ誠実な返信がありました。

非常に好感が持てる販売会社でもありますね!

 

さらに、ツールに不具合があった場合や検索エンジンの仕組みが変わった場合も、無償のアップデートが行われています。

キーワードスカウターSTを起動時に、最新版にできるメッセージが表示されるので、アップデートを見逃すこともありません!

 

他にもキーワードスカウターSTの特徴が公式サイトで紹介されています。

是非ご覧ください。

 

 

キーワードスカウターSTのデメリット

ここまでキーワードスカウターSTの有用な機能をご紹介しましたが、もちろんデメリットもあります。

私が利用してみたデメリットをご紹介します。

 

解析に時間がかかる

時間

キーワードスカウターSTのキーワード解析機能ですが、キーワードの解析に少々時間がかかってしまいます。

しかし、バッググラウンドで解析可能で、解析中もパソコンにそれほど負荷はかかりません。

なので、他の作業をする分には全く問題はありません。

 

Macではツールを使用できない

Mac

キーワードスカウターSTはWindowsにのみ対応しており、Macには対応していません。

Macのパソコンをお使いの方は注意が必要です。

推奨動作環境は公式サイトから確認することができます。

 

もし、Macでもキーワード解析機能を使用されたい方は、同じ会社が提供しているCOMPASS(コンパス)というツールを使用できます。

COMPASSはキーワードスカウターSTより少々価格が上がってしまいますが、更に下記機能が追加されています。

  • サイト順位チェック機能
  • ライバルチェック(URL分析)機能

COMPASSの詳細は公式サイトからご確認ください。

 

豪華27特典付き!

 

また、COMPASSのレビューは下記記事で行っていますので、是非ご覧ください!

お宝キーワード発掘!SEOツールCOMPASS(コンパス)のレビュー

2018年4月21日

 

スマートフォンで使用できない

スマートフォンで使用できない

キーワードスカウターSTは、スマートフォンで使用することができません。

これが私的には残念なところでした。

副業でアフィリエイトを実践しているので、通勤中や出張中に、電車の中で記事を考えたりすることも多いです。

もちろんパソコンを広げて記事を作成することはできないので、スマートフォンで作成したりしています。

このような時に、スマートフォンでキーワード選定ができたら嬉しいなぁ~、と思うこともあります。

仕事をしなさい・・・、という感じには思わないでください。笑

 

 

キーワードスカウターSTの口コミ

良い口コミ

レビュアー
何より買い切りで安いのが嬉しい!

キーワード選定ツールは月額料金が発生するものが多いですが、キーワードスカウターSTは安価で、仮にツール選びに失敗してもギリ許せる値段。笑

はらちゃん
先述の通りですが、買い切りのものでも1万以上、月額であればそれ以上かかるツールが多いです。

アフィリエイト関係のツールは本当に値段が高いですが、その中でもキーワードスカウターSTは非常に安価と言えますね!

 

レビュアー
キーワード選定の時間が少なくなって、記事作成に集中できます!
はらちゃん
キーワード選定に使用するallintitle件数とintitle件数はネット上で調べることができるので、極論を言えばキーワードスカウターSTを使用しなくても、キーワード選定は可能です。

しかし、キーワードスカウターSTではワンクリックで解析をすることができるので、キーワード選定の時間短縮になること間違いなしです!

 

悪い口コミ

レビュアー
ツールを起動して初めて画面を見たとき、直感的に操作ができなかった。本当の最初だけですが・・・。
はらちゃん
これは私もありました。

機能も意外と豊富なので、最初はよくわからないことがあるかもしれません。

ですが、すぐに慣れるので問題ないです!!

 

レビュアー
解析のキーワードが多いと、ちょっと時間がかかります・・・。
はらちゃん
これはもう仕方ないとしか言えません。

そんな何時間、何日かかるとかではないので、許容範囲かと・・・。

先述の通り、他の作業をしながらでも解析できるので、特に問題ないでしょう!

 

 

当サイトからキーワードスカウターSTをご購入頂いた方への豪華な27特典!

当サイトからキーワードスカウターSTをご購入頂いた方への豪華な27特典!

当サイトからキーワードスカウターSTをご購入頂いた方には、豪華な特典をご用意しました。

それは、成功したアフィリエイターがまとめた、アフィリエイトで稼いでいく上での必要なノウハウ27特典です!!

特典の内容は下記の通りです。

27特典

※パソコンでは、画像を拡大表示できます。

 

27個の特典をご用意しましたが、今回はこれらの特典を全てご提供させて頂きます。

これほどの特典を用意しているサイトはそうはないでしょう!

各特典の詳細は、下記ボタンからご確認頂けます。

ツールも大切ですが、成功者のノウハウも同時に獲得してくださいね!

 

なお、当サイトのリンクからご購入頂いた方のみお受け取りできる特典となっていますので、ご注意ください。

購入の際に、下記画面のように特典内容が表示されていればOKです!

特典の受け取り方法

 

 

販売会社が提供する豪華な特別特典4選!!

キーワードスカウターSTの販売会社「株式会社Catch the Web」からも、購入時に4個の豪華な特典が用意されています。

  • アフィリエイト講座のトップが教える月10万稼ぐ具体的なジャンル
  • キーワードスカウターSTでブルーオーシャン・キーワードを見つけ出す方法
  • 稼ぐアフィリエイターが使っているブラウザ&厳選ツール&サイト集
  • アフィリエイトマスター無料講座

購入者全員が受け取ることのできる特典となっています。

特典として付いてくるには十分すぎる内容となっていますね!

各特典の詳細は公式サイトからも確認することができます!

 

 

キーワードスカウターSTのまとめ

アフィリエイター専用ツールである、キーワードスカウターSTについてご紹介しました。

キーワードスカウターSTは月額料金がかからず、なおかつ安価です!

更に、普段必ずと言ってよいほどかかってしまうキーワード選定に費やす時間を大きく短縮してくれます。

アフィリエイターにとって大切なのは、いかに効率良くコンテンツ作成を進めて行くか、つまり時間です。

キーワードスカウターSTを使用して、少しでも効率良くコンテンツ作成を行いましょう!!

 

最後にキーワードスカウターSTのメリット・デメリットをまとめました。

メリット
  • お宝キーワードを選定できる
  • アフィリエイトツールの中でも非常に安価
  • 記事作成の時間を確保できる
デメリット
  • 解析に時間がかかる
  • Macでは利用できない
  • スマートフォンでは利用できない

最後までお読み頂きありがとうございました!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です