車のA/Cは燃費を悪化させる!役割を理解して賢く節約!

アイキャッチ画像

車には「A/C」というボタンがあります。

車をお持ちの方はもちろんご存じですよね?

エアコンを作動させるときに使用するボタンになりますが、「A/C」の意味はご存じでしょうか?

今回はこの「A/C」の意味と、車の燃費に及ぼす影響をご紹介します。






 

A/Cの意味とは?

A/C

A/Cとはエアーコンディショナー(air conditioner)の略です。

つまり、エアコンです。

 

しかし、車で使用するときは、家庭で使用するときと少し考えが異なります。

家庭では冷房でも暖房でもエアコンを使用しますが、車で暖房を使用するときにA/Cは不要です。

A/CをONにしなくても、暖かい空気は送られてくるからです。

実は車のA/Cには、冷房機能と除湿機能しか備わっていません。

A/Cの機能を踏まえ、冷房時・暖房時にA/Cをどう活用すればよいのか、見ていきましょう!

 

冷房使用時にはA/Cをどうすればよいの?

夏

車の冷房使用時には、A/CをONにしなければ涼しい風は送られてこないため、A/CをONにする必要があります。

OFFのままでは涼しい風は送られてこないですよね?

それで慌ててA/CをONにした経験も、私はよくあります。笑

 

暖房使用時にはA/Cをどうすればよいの?

冬

夏場にA/CをONにしなければならないことは、誰もが知っていることですね。

一方、暖房を使用する冬場は、A/CをON・OFFどちらにしたほうが良いのでしょうか?

答えは、暖房を使用する際は、A/CをOFFにします!

車のA/Cには冷房機能と除湿機能しかないことを考慮すると、寒くて乾燥する季節に使用することはまずないですよね。

むしろ、加湿機能が欲しいところです。笑

 

しかし、冬場でもA/Cを使用する場面があります。

それは、車の窓が曇ってきたときです。

車の窓が曇ってくるということは、車内の湿度が上がってきているということです。

よって、窓の曇りを除きたいときは、A/CをONにしましょう!

A/CをONにすることで、窓の曇りを除くことができます。

A/CをONにし続けると車内が乾燥していきますので、曇りを除いたらOFFにするようにしましょう!

 

A/Cは車の燃費に影響する

燃費

ここまでA/Cを使用する場面をご紹介してきましたが、A/Cは燃費にどこまで影響を及ぼすのでしょうか?

A/CをONにすると、冷房機能と除湿機能が作動するので、やはり燃費が悪くなってしまします。

それも、ONにしていると、燃費が約1割低下すると言われています。

 

夏場も我慢できるときはOFFにしたいと思いがちですが、小まめにOFFにすると逆に冷房効率が悪化する可能性があるので、小まめなOFFは避けたほうがよいでしょう。

逆に冬場は、窓の曇りを除くとき以外はOFFにしておきましょう!






 

A/Cのまとめ

車のA/Cが持つ役割について、ご紹介しました。

A/Cについて、下記のことは押さえておきましょう!

A/Cの押さえておきたいポイント
  • 冷房機能と除湿機能がある
  • 冷房使用時はONにする
  • 暖房使用時は基本OFFにし、窓の曇りを除きたいときにONにする
  • A/C使用時は燃費が1割悪化する

A/Cの役割をしっかり理解して、快適なドライブ・適度な節約を心がけましょう!

最後までお読み頂きありがとうございました。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です