低燃費タイヤ(エコタイヤ)とノーマルタイヤの燃費の違いを解説!

ガソリン代を節約する方法として、車の運転方法を見直す、給油の際にプリカやクレジットカードを利用するなどがあります。

これらは、確かに節約する上でお手軽な方法ではあります。

しかし、車の性能に目を向けるのも1つの手です。

多くの人が車本体の性能に目が行ってしまいがちですが、今回注目するのは低燃費タイヤです。

低燃費タイヤに替えることにより、どの程度ガソリン代を節約できるのか、ご紹介します。






 

低燃費タイヤとは?

低燃費タイヤ

低燃費タイヤは、別名「エコタイヤ」と呼ばれています。

ノーマルタイヤより転がり抵抗を抑えることにより、低燃費走行を実現することができます。

 

さらに、低燃費タイヤの基準として、ウェットグリップ性能と呼ばれる指標があります。

これは、濡れた路面上でのグリップ性能を表す指標です。

つまり、タイヤの安定性を表した指標となります。

低燃費タイヤは低燃費性だけでなく、車の安定性などの走行性能にも期待できるものになっています。

 

低燃費タイヤの普及率は年々増加しており、カー用品店に行っても低燃費タイヤを推しているのがよくわかります。

 

低燃費タイヤのグレード

グレード

タイヤには転がり抵抗性能、ウェットグリップ性能それぞれにグレードがあります。

転がり抵抗性能のグレードには「AAA・AA・A・B・C」の5段階あり、ウェットグリップ性能のグレードには「a・b・c・d」の4段階あります。

低燃費タイヤの指標としては、下記を満たす必要があります。

転がり抵抗性能 AAA・AA・A
ウェットグリップ性能 a・b・c・d

 

タイヤにはあらかじめ各性能のグレードがわかるように、ラベル表示がされています。

例えば、下記ラベルをご覧ください。

低燃費タイヤのラベル

 

各ラベルの意味は下記表の通りです。

転がり抵抗性能 転がり抵抗性能のラベル
ウェットグリップ性能 ウェットグリップ性能のラベル

 

ラベル上段の転がり抵抗性能のグレードが「AA」、ラベル下段のウェットグリップ性能が「c」となっています。

この例の場合、それぞれの性能が基準を満たしているので、低燃費タイヤとなります。

ラベルにも、下記のような低燃費タイヤのラベルが表示されます。

低燃費タイヤのラベル

 

次に下記ラベル例です。

低燃費タイヤではないラベル

 

ラベル上段の転がり抵抗性能のグレードが「B」、ラベル下段のウェットグリップ性能が「b」となっています。

この例の場合、ウェットグリップ性能は基準を満たしますが、転がり抵抗性能は基準を満たしていないので、低燃費タイヤではありません。

低燃費タイヤのラベルも表示されなくなります。

 

このようにラベルを見て、低燃費タイヤの判別をすることも可能となっています。

 

低燃費タイヤとノーマルタイヤでどの程度燃費が変わるのか?

燃費

燃費を重視するのであれば、低燃費タイヤの転がり抵抗性能を見る必要があります。

低燃費タイヤの転がり抵抗性能のグレードとして3段階あることをご紹介しましたが、ノーマルタイヤと比較して、それぞれどの程度燃費性能が変わってくるのでしょうか?

各グレードに関して見ていきたいと思います。

 

グレードAの燃費性能

まずは、グレードAの燃費性能です。

低燃費タイヤの中では1番低い性能となります。

グレードAの場合、ノーマルタイヤと比べると、燃費は1%良くなると言われています。

 

例として、下記の条件でどの程度節約できるか試算してみます。

なお、車の燃費は私が所持している車の平均燃費にしています。

  • 車の燃費(ノーマルタイヤの場合) 25km/ℓ
  • 車の燃費(グレードAの低燃費タイヤの場合) 25.25km/ℓ
  • ガソリン価格(2018年11月の平均価格) 150円/ℓ
  • 走行距離 10,000km

 

グレードAの低燃費タイヤの場合
走行距離 10,000km ÷ 燃費 25.25km/ℓ × ガソリン 150円/ℓ = 59,405円
ノーマルタイヤの場合
走行距離 10,000km ÷ 燃費 25km/ℓ × ガソリン 150円/ℓ = 60,000円
節約金額
60,000円 – 59,405円 = 595円

 

10,000kmの走行で595円の節約となります。

それほど大きな金額を節約できるわけではないですが、走行距離が多いほど節約を実感できるでしょう!

 

グレードAAの燃費性能

次に、グレードAAの燃費性能です。

グレードAAの場合、ノーマルタイヤと比べると、燃費は2%良くなると言われています。

 

それでは、ノーマルタイヤと比べた時のグレードAAの節約金額を見てみましょう。

  • 車の燃費(グレードAAの低燃費タイヤの場合) 25.5km/ℓ

 

グレードAAの低燃費タイヤの場合
走行距離 10,000km ÷ 燃費 25.5km/ℓ × ガソリン 150円/ℓ = 58,823円
節約金額
60,000円 – 58,823円 = 1,177円

 

ノーマルタイヤと比べると、節約金額は1,177円となります。

タイヤの料金次第では、グレードAではなくAAにするのも良いですね。

 

グレードAAAの燃費性能

最後に、グレードAAAの燃費性能です。

低燃費タイヤの中では1番高い性能となります。

グレードAAAの場合、ノーマルタイヤと比べると、燃費は3%良くなると言われています。

 

グレードAAAの場合の節約金額を見てみましょう。

  • 車の燃費(グレードAAAの低燃費タイヤの場合) 25.75km/ℓ

 

グレードAAAの低燃費タイヤの場合
走行距離 10,000km ÷ 燃費 25.75km/ℓ × ガソリン 150円/ℓ = 58,252円
節約金額
60,000円 – 58,252円 = 1,748円

 

ノーマルタイヤと比べると、1,748円の節約となります。

性能が良い分タイヤの料金は少し上がってしまいますが、普段から車を運転する人は検討してみて良いと思います。






 

低燃費タイヤのまとめ

低燃費タイヤの燃費性能についてご紹介しました。

各グレード毎の燃費改善率を下記にまとめました。

グレードA 1%の燃費改善
グレードAA 2%の燃費改善
グレードAAA 3%の燃費改善

 

タイヤは大きさや偏平率などで価格も変わり、燃費もこの限りではありません。

参考までにして頂ければと思います。

また、低燃費タイヤは低燃費走行を実現できるだけではなく、安定した運転も実現することができます。

安全面からも低燃費タイヤにすることをおすすめします。

最後までお読み頂きありがとうございました。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です