固定費を節約するために見るべき格安SIMの選ぶポイント!

アイキャッチ画像

節約しよう!と思った時は、まずは固定費を見直すべきです。

固定費は住宅・自動車・保険・通信費など毎月固定で掛かる費用のことで、食費などの日々に関わる節約ではなく、一度見直せば長期間効果が続き大幅な節約になります。

そして、その中でも通信費はすぐにでも見直すことができます。

最近は大手キャリア(ドコモやauなど)より携帯料金が安くなる格安SIMに切り替える人も多くなってきており、私も実際に格安SIMに変更して大幅な節約をすることができました。

その時に調べたポイントをまとめましたので、格安SIMってよく分からなくて不安な方や一歩踏み出せない方のお役に立てれば幸いです。






 

まず格安SIMとは?

まず格安SIMとは?

格安SIMとは、大手キャリア(ドコモやauなど)の回線を使うことで通信設備などの費用が発生しないため、大手キャリアに比べ費用を格安に抑えることが可能となったサービスです。

最近はUQモバイルやmineo、LINEモバイルなどがCMを流していて、少しずつ身近に感じるようになっていると思います。

しかし、本当に安くなるのか、使い勝手が悪くなるのではないか、などと乗り換えるにはまだ不安もあると思います。

 

どのくらい節約できる?

どのくらい節約できる?

例えば、私は以前大手キャリアを使用していて月額約7,000円掛かっていましたが、格安SIMに変更し、月額約1,700円になりました。

月額約5,000円以上、年間で約60,000円の節約です。

長期的にみるととても大きな金額ですよね。

自分の携帯を使うときの用途からプランを選びますが、そのプランによっては上記よりももっと安くすることも可能です。

 

選び方のポイント

現在使用のキャリアから選ぶ

現在使用のキャリアから選ぶ

現在の携帯電話本体をそのまま使用したい乗り換えの場合、現在使用している大手キャリアによって選ぶ格安SIMも変わってきます。

格安SIMを提供している会社も、ドコモの回線を使用している会社、auの回線を使用している会社というように分かれているからです。

対応会社数はドコモが一番多く、次にau、ソフトバンクの順となっています。

各キャリアに対応している代表的な格安SIM会社は下記の通りです。

ドコモ系
  • BIGLOBEモバイル
  • IIJmio
  • 楽天モバイル
  • LINEモバイル
  • mineo
  • etc・・・
au系
  • UQモバイル
  • BIGLOBEモバイル
  • IIJmio
  • mineo
  • etc・・・
ソフトバンク系
  • Y!mobile
  • LINEモバイル
  • mineo
  • etc・・・

上記は代表的な会社ですので、一度調べてみると良いでしょう。

mineoだけは大手キャリア3社すべて対応しています。

また、切替えの機会に携帯本体も変えたいという場合は上記キャリアに対応する会社に関係なく好きな会社を選べますので、そのような方は料金やサポート、通信速度の評判などで選びましょう。

キャリアで使用している携帯電話番号をそのまま引き継ぎたい場合はMNP(モバイルナンバーポータビリティ)の手続きが必要となりますので、各キャリアで手続き方法を調べてみてくださいね。

 

携帯の使用方法

携帯の使用方法

格安SIMの会社が大体絞れたら、次は自分に合うプランを確認します。

音声通話のみ、データ使用のみ、音声通話+データ使用①(家にWi-Fiがあり、外では調べもの程度)、音声通話+データ使用②(家にWi-Fiはなく、データ使用が多い)など、まずは自分の携帯の使用方法を確認してみましょう。

音声通話+データ使用①の場合は、データ通信量が2~3GBあれば十分と言えるでしょう。

私も家にWi-Fiがあるため、音声通話+データ使用②のパターンで3GBのプランですが不便なく十分使用出来ます。

 

キャンペーンやサービスを確認

キャンペーンやサービスを確認

あとは各社様々なサービスを実施しています。

例えば、LINEモバイルでは専用アプリからの発信で通話料金が通常の半額にすることができます。

また、mineoではデータ通信がゆっくりで良い時は遅く、すぐに何かを調べたりしたいときは高速にしたりと、通信速度の切り替えが可能です。

 

台数割や家族割のサービスを提供している会社もあります。

また、期間限定のキャンペーンなども頻繁にやっていますので、チェックすると良いでしょう。

例えば、手続き費用が無料になったり、期間中月額費用から割引になったりのキャンペーンもあります。

何社かは家のネットとセットでさらにお得になるプランもあります。

 

私はIIJmioを利用していますが、ビック光(IIJmioひかり)とセット割でさらに600円割引され、携帯代と家のネット代合わせて約6,000円程度に抑えられています。

携帯代+ネット代で10,000円以上掛かっていたことを考えると、とってもお得ですよね。

このようにキャンペーンやセット割なども併せて確認することで節約の幅を広げられる可能性があります。






 

格安SIMを選ぶポイントまとめ

格安SIMを選ぶときのポイントをご紹介しました。

最初にもお伝えしたように、固定費の削減は長期的で大幅な節約になります。

もし大手キャリアでの契約期間縛りが残っていたとしても、長期的にみると今すぐにでも見直して切り替えるほうがかかるコストは抑えられます。

今は多くの会社が格安SIM業界に参入していますので、次々に新しいサービスも提供されています。

色々と調べてみて自分に合ったサービスで賢く節約しましょう。

最後までお読み頂きありがとうございました。






コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です