【THE THOR】絞り込み検索の概要・設置方法を詳しく解説!

アイキャッチ画像

WordPressテーマ「THE THOR」には、他のテーマにない少し変わった検索機能が備わっています。

それが、スマート検索と呼ばれる機能です。

標準で備わっているとは思えない優秀な検索機能になっています。

今回はこのスマート検索機能の概要と設置方法について、解説していきます。







 

スマート検索機能とは?

スマート検索機能とは簡単に言うと、絞り込み検索ができるようになる機能です。

単純なキーワード検索だけではないということです。

 

例えば、当サイトで使用しているテーマ「STORK」の場合、下記のような検索画面となります。

「STORK」の検索画面

キーワード検索でも目的の記事を見つけ出すことはできるかもしれません。

しかし、キーワード検索の場合、記事中の文章も検索対象となります。

 

一方、「THE THOR」ではキーワード検索に加え、カテゴリーとタグで絞り込みをかけることができます。

「THE THOR」の検索画面

「THE THOR」デモサイトの検索フォームになります。

このような検索フォームを標準で設置することができます。

 

WordPressのプラグインで検索フォームを設置することも可能ですが、有料プラグインであることが多いです。

有名な検索フォームの設置プラグインとして、「FE Advanced Search」というプラグインがあります。

FE Advanced Search

しかし、価格は衝撃の59,800円です・・・。

プラグインでこの価格はね・・・。汗

もちろん「FE Advanced Search」ほどの機能が備わっているわけではありませんが、「THE THOR」でも十分すぎるほどの検索機能となっています。



スマート検索機能の設定方法

検索フォームを設置する前に、検索機能の詳細設定を行っていきます。

詳細設定はカスタマイズ画面から行います。

 

まず、ダッシュボードの「外観 > カスタマイズ」と進みます。

外観 > カスタマイズ

 

次に、「基本設定 > 検索機能設定」と進みます。

基本設定 > 検索機能設定

いくつか設定項目がありますので、それぞれ見ていきましょう。

 

検索機能の検索対象設定

検索機能の検索対象設定

3つの選択肢から、検索対象とする記事を選択します。

検索対象記事

  • 投稿と固定ページ
  • 投稿だけ
  • 固定ページだけ

私はプロフィールや問い合わせフォームにしか固定ページを使用していないので、「投稿だけ」にしています。

固定ページの使用頻度や使用用途によって、こちらは変更するようにしてください。

 

複数タグ検索時の検索方法設定

複数タグ検索時の検索方法設定

こちらの項目では、タグ検索時の条件を指定することができます。

タグ検索では複数条件を指定することができますが、複数選択した場合にOR検索とするか、AND検索とするか、設定することができます。

タグ検索方法設定
OR検索 選択したタグのいずれかを含む記事を検索結果に表示
AND検索 選択したタグの全てを含む記事を検索結果に表示

 

例えば、AND検索で下記のような「チャイルドロック機能付き」「卓上型」にチェックを付けた条件の場合、ともにタグを付けている記事が検索結果として上がります。

複数条件選択

 

ここは用途によって使い分ける必要があります。

例えば旅行プランの検索の場合、「予算2万円以上」「関東地区」など、複数条件に合ったプランを表示する必要があるので、AND検索が適しています。

一方、通常のブログの場合、タグは関連キーワードで複数設定することが多いので、OR検索の方が適しています。

初期状態ではOR検索が設定されているので、必要に応じて変更しましょう。

 

検索項目見出し設定

検索項目見出し設定

ここでは、検索フォームの見出しの設定を行うことができます。

デモサイトでは、カテゴリーを「宅配エリア」、タグを、「こだわり条件」と変更していますね。

見出し変更後の検索フォーム

ご自身のサイトに合わせて、変更するようにしましょう。

 

注目キーワードを設定

注目キーワードを設定

キーワード検索フォームの下に、注目キーワードとして設置することができます。

注目キーワードの表示画面

検索してもらいたいキーワードや、PV数の多い記事の関連キーワードなどを設置すると効果的ですね。

 

以上が検索フォームの詳細設定です。



検索フォームの設置方法

検索フォームの詳細設定が完了したら、最後に検索フォームの設定を行っていきます。

検索フォームはウィジェットから挿入することができます。

 

  • STEP 1
  • STEP 2
  • STEP 3

例として、サイドバーに検索フォームを設置してみます。

まず、WordPressのダッシュボードから「外観 > ウィジェット」と進みます。

外観 > ウィジェット

 

  • STEP 1
  • STEP 2
  • STEP 3

「絞込検索」という項目があるので、下記アニメーションのように検索フォームを挿入したい位置へドラッグ&ドロップします。

検索フォームのドラッグ&ドロップ

 

  • STEP 1
  • STEP 2
  • STEP 3

検索フォームがサイドバーに挿入されているか、確認しましょう。

検索フォームの挿入

 

もし、検索フォームに見出しを付ける場合は、ウィジェット画面のタイトルに入力します。

タイトルの入力

 

タイトル入力後は、下記画面のように表示されます。

タイトル入力後の画面

 

特に難しい操作なく、簡単に挿入することができますね。

トップページやメインパネルなどにも検索フォームは挿入できますので、色々試してみてくださいね。







 

まとめ

「THE THOR」に標準で備わっている検索フォームの詳細と、設置方法についてご説明しました。

他のテーマの検索機能と異なるところは、やはり絞り込み検索ができるところです。

より細かい条件指定を可能にすることで、ユーザビリティを高めることができます。

しかし、カテゴリーとタグでしか絞り込み検索ができないので、ある程度検索機能の構成を考えてから、タグなど記事に設定していくようにしましょう。

はらちゃん
有用な検索機能となっているので、ぜひご使用くださいね。

最後までお読み頂きありがとうございました。









【Amazon】1,000円分のポイントがもらえる
キャンペーンを実施中!
Amazonチャージ

Amazonキャンペーン

皆さんが普段利用しているAmazonの支払い方法を現金に変更するだけで、1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンを、現在Amazonが実施中です。

1,000円分のポイントに加え、最大2.5%の還元を受けられるサービスも同時に適用可能!

クレジットカードよりも遥かに還元率の良い購入方法で、お得にAmazonでお買い物しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です