【論理クイズ】暗闇にばら撒かれたカードの向きを合わせる方法は?

アイキャッチ画像

問題

Aさんは真っ暗な部屋にいます。

周りは何も見えませんが、Aさんの前には100枚のカードの山があることだけはわかっています。

100枚のカードは、表向きのカードが90枚、裏向きのカードが10枚で構成されています。

Aさんはこのカードの山から、2つのカードの山を作成します。

その時、各カードの山に同じ数の裏向きのカードが含まれるようにするには、どうすればよいでしょうか?

 

問題を解いてみましょう!

暗闇なので、カードの表裏を判別することはできませんが、ある方法で裏向きのカードを合わせることができます。

なお、分けられた2つのカードの山は、同じ枚数にする必要はありません。

ヒントを確認したい方は、下までスクロールしてください。

 

 

 

 

 

ヒント

カードを裏返しにしてみてください。

そうすると、答えが見えてきます・・・。

正解はさらにスクロール!!

 

 

 

 

 

正解

10枚のカードを抜き取り、10枚のカードを全て裏返す。

 

解説

Aさんがカードの山から10枚のカードを抜き出した時、もし裏返しのカードが2枚含まれていれば、各カードの山の表裏の内訳は・・・、

抜き出した10枚のカード
表のカード 8枚
裏のカード 2枚
残った90枚のカード
表のカード 82枚
裏のカード 8枚

となります。

そこで、抜き出した10枚のカードを全て裏返すと、

抜き出した10枚のカードを裏返す
表のカード 2枚
裏のカード 8枚

となります。

よって、裏のカードの枚数を合わせることができました。

今回は合計の枚数は同じでなくてもよく、裏のカードの枚数だけ同じでよい点に注意が必要です。







 

まとめ

今回は論理クイズ「暗闇にばら撒かれたカードの向きを合わせる方法は?」をご紹介しました。

カードを裏返すという発想には、なかなか至らなかった方も多いのではないでしょうか?

まさしく、発想の転換が必要な問題でしたね。

参照元Cards in the darkness

その他の論理クイズにも挑戦したい方は、下記をチェック!

アイキャッチ画像

【随時更新】難問論理クイズ11選!柔軟な発想が問われる!

2020年3月14日



【Amazon】1,000円分のポイントがもらえる
キャンペーンを実施中!

Amazonチャージ

Amazonキャンペーン

皆さんが普段利用しているAmazonの支払い方法を現金に変更するだけで、1,000円分のポイントがもらえるキャンペーンを、現在Amazonが実施中です。

1,000円分のポイントに加え、最大2.5%の還元を受けられるサービスも同時に適用可能!

クレジットカードよりも遥かに還元率の良い購入方法で、お得にAmazonでお買い物しませんか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です